スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |   TOP↑
no title 28
ねむれない夜の僕たち
そらがきらきらと音をたてている夜
僕たちはねむれないふりをして
きのうをみつめている



ここでないていたたれかの
なみだをためた冬のすみれ
はやいあさのきたかぜが
それをきれいなこおりにする



しらないふりをしていた
ぼくはずっとしらないふりで
しらないことをしらなかった
ぼくはまだしらないままだ



いいきかせている「りゆう」の
かんじんのところがおもいだせない
ぼくはちいさなノオトをひきちぎって
よるがくるのをまっているから
スポンサーサイト
2008.01.16 04:12 | ぽつぽつ | comment[0] trackback[0] TOP↑
no title 27
あしのうらで
過去の僕たちが声を荒げている
夜を怖がった僕たち、
朝を嫌がった僕たち、
すべてから視線を外していた僕たち
手のひらで未来の僕たちが変わらず声を荒げている
ちからを込めて掴んだ腕がずっと痛い
2008.01.02 23:30 |  | comment[0] trackback[0] TOP↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。