スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |   TOP↑
と : 図書館
木の床できみを待ちます


臙脂色の表紙をした
古い本を探している
あの少年は誰かしら

2度だけ開かれた
秘密の手紙を持つ
あの紺色の少年?


ここは日が当たって
四角くぼくのからだをてらしているよ


群青を捕まえた彼の
大きな図鑑をみせて
ぼくの知らない色を

橙の声をした少年が
靴を鳴らしてスキップ
ぼくたちの夢みたいに


木の床できみを待っていました
夕陽が平行四辺形を作って
ぼくのひだりうでをきりとってしまったよ
スポンサーサイト
2007.11.25 20:33 | あいうえお | comment[0] trackback[0] TOP↑
盗んだ朝
そっと盗んだ朝をきみにあげるよ
僕のてのひらでそっと盗んだ、白い朝をきみにあげるよ
夜は暗くて寒くて寂しいから
僕が盗んだ朝をきみにあげる
きみにあげるよ
僕が大事に盗んできた
白い朝をきみにあげる
2007.11.19 20:12 |  | comment[0] trackback[0] TOP↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。